注文住宅のイメージを固めるならモデルハウスに行くのがおすすめです

サイトマップ

注文住宅だからできること

注文住宅を建てるときの注意点

家

最初から建築されていたりプランが決まっている住宅のことを建売住宅といい、それに対して建てる側が設計や施工等について業者さんと共同で行っていくのを注文住宅といいすが、この部分だけを見ていると、「どうせ一生に一度、そして最も高価な買い物だから、自分の想いを十分に反映してものにしたい。」ということから、すべて注文住宅の方が自分の好みや要求を満たしてくれていて、末永く幸せな生活を送れそうですが、いい点ばかりではありません。自分の意向や考えが反映される分、その結果については自分が責任を負わなければいけない面もありますし、業者さんとの付き合い方にも建売住宅とは違うものが出てきます。
例えば建売住宅の場合は、間取り等は当然、コストも考慮したうえで、悪く言えばありふれたものになっていることが多いと思います。しかし、その形にはそれまでのノウハウが詰め込まれたものであり、注文住宅であまりにも独自性をだそうとすることで、後で使い勝手が悪かったりと言ったこともおきるかもしれません。また、計画段階から業者さんと相談で進めていくと思うのですが、気が付いたら話がもりあがってしまって余計なコストがかかるはめになったということもありえます。家は一生に一度の大きな買い物です。一度、たててしまうと後には引けないものですから、注文住宅で建てる際には、このような現実的なことも考慮したほうがいいと思います。

イチオシ記事

フローリングの部屋

土地を見つけたら電信柱の確認をしましょう

注文住宅を建てる候補の土地を見つけたら、必ず確認しなければならないのは電気をどこから自宅に引い…

家

注文住宅を建てるときの注意点

最初から建築されていたりプランが決まっている住宅のことを建売住宅といい、それに対して建てる側が…

一戸建て住宅

我が家が注文住宅でこだわったこと

こだわりの我が家はもちろん注文住宅です。具体的には、次の3点にこだわって建てました。1点目は、…

お洒落なインテリア

注文住宅と建売住宅の違いは何!?

注文住宅と建売住宅、どちらも住宅には変わりありませんが、一体何が違うのでしょうか。一般的に、注…

新着情報

TOPへ